塾生の間でもリクエストの多かった英会話教室をやっと実現できました! 講師は女性活躍のネットワークからご紹介いただいた 竹田先生にお願いしました。竹田先生はご自身の英語力はもちろんのこと、教える、プレゼンを行うなど 多彩なスキルをお持ちの先生です。
 今回は、まずは発音をし、英語の音を出すというところから始めました。これは私自身が外国語を習った際に徹底して音から入ったこと、 そこからレベルを上げていったことにつながります。また、英語の本来の音の出し方が文字ではわかりにくいので、 まずは発音記号や口の断面図が何を表しているかがわかることが基礎力のひとつと思いお願いしました。

英語の発音=顔のエクササイズ?!

 英語の発音は日本語と違い、腹式呼吸を意識し、リズムをとりながら音を出すということはよく言われていましたが、 実際のところ発音練習をする機会もなく、家でも家族の前では恥ずかしいこともあり、なかなか実践できていませんでした。
 まずは口の周りの筋肉をほぐすところから。あれ?これは顔ヨガに近いのでは・・・? また何となく口の周辺を動かすことで、頭もすっきりした感じがします。
 変顔をしている状態ですが、少人数なので周りも気になりません(*^^*)

Thank youをこれほど練習したことはない!

 続いて、挨拶の会話をもとに発音と、相手と対面した際の注意点について。
英語の音は「th」など日本語にはない音を強く、はっきりと出さないと、相手に伝わらない可能性があります。 また、「l」や「r」など、音を間違えると違った意味になってしまう場合もあります。 強くはっきりと音を出す、というのは普段やらないので、難しい部分です。
しかしこれをマスターすると、日本語の滑舌も良くなる! 私は普段滑舌がよくないので、こういう機会でしっかり音を出すという 相手に言葉を伝える方法を学ぶという機会があったことは良かったなぁと感じました。
Thank youの音を一生懸命に出したのは、きっと今回が初めてです 笑
発音もそうですが、挨拶の表現など、今まで習ってきた内容とはまったく別ものです・・・。 「昔習ったから」はやっぱりダメで、いくら積み重ねてきているものとはいえ、辞書と同様時々自分自身の知識の版を改定しないとですね。

次回はさらなるステップアップをめざして・・・

今回は発音と簡単な会話がメインでしたが、次回はもう少し具体的なシーンを想定した会話に挑戦したいと思います! みんなめざすはオリンピックでの観光案内ですね(^.^) 私もよく復習して次回の勉強会にのぞみたいです。
次回は新年会もかねて開催しますので、勉強会のアフターもお付き合いいただける方、懇親会から参加の方もご一緒お待ちしています☆
(桜蔭会館のみなさんも今回もワークショップで会場お貸しいただきありがとうございました!)

  レポート作成者 : 徽音塾1期生OG 田邉

次回の勉強会は、1月20日(土)開催予定です

  参考 このイベントの開催情報