前回に引き続き、今回も英語のエキスパートの竹田先生にを講師に招き、英会話教室を開催です。
 今回は生活やビジネスシーンで使える、通じる英会話を学びます!
 まずは前回の復習を始める前に、顔の筋肉をほぐしてからしっかり発音ができるように準備をします。 普段ストレスが多い日々を送っているので、これが心地よい顔ヨガになっていたりします。

よく聞くフレーズはじつは失礼だった?!

 なぜ日本にやってきたのか?という問いを教科書通りに質問するならば「Why did you come to Japan?」になります。 私もとにかく「why?」を使っていれば良いのでは、と思っていましたが、これでは少しきつい質問の仕方になるそうです。
 日本での滞在を楽しんでいるか、何に興味を持ったのか、など少し遠回しのような表現の方が相手との距離を縮めることにつながるようです。ふむふむ。

オリンピックで海外のお客さまと会話をしよう

 今回はオリンピック開催のシーンを想定して、いろいろなシーンで使われる短いフレーズについても学びます。
オリンピック選手村の発音が一番難しいとはびっくりしました。音の強弱や、破裂音など様々含まれています。日本語流では通じない・・・ということ 実感です。
私自身も、短期の語学留学や本当に時々ですが海外の方との接触があり、通じないと相手に「いいや」と思われてそっぽを向かれてしまった思い出もしばしば・・・。 そんなこともあり、英語には苦手意識がありました。学生時代は発音というよりは、読む、書くが主流だったので、ここまで丁寧な発音練習をしたのは初めてです。 フランス語と違って、口の形を見ないとちゃんと発音ができているかわからないので、ラジオ講座などだけでは発音をマネするのが難しかったのを思い出しました。

新年会を兼ねた懇親会で、メンバーの思いを共有

勉強会の後の懇親会では、参加メンバーになぜ英会話を希望したかについて尋ねてみました。直近で海外出張の予定がある方、 海外での経験からもっと会話をしたい方、留学希望の方までさまざまでした。私はもう一度初級からやりたいという理由でした。
徽音塾OG会の楽しさは、職場では出会えない人達に出会えること。主婦業から仕事を開始して勉強を学びなおしたい、普段とても忙しい仕事をこなしつつ、 このような仲間との機会を楽しみにしている、普段疑問に思っていることを共有したいなど、+αが多いところも私が気に入っているとことです。

お食事を頼んだときに、「同じものをください」というフレーズを習ったはずなのに、もう忘れている・・・笑
いろいろなシーンで、英語をどう使うのだろう?ということを日々考えて、重ねていくことも力になりそうです。

次回はまだ未定ですが、2月は竹田先生の公開講座がありますので、英会話継続希望の方はぜひお申込みください!
現在満席となってしまい、キャンセル待ちになりましたが、お待ちいただける方はお申込みください。私も参加します。
・竹田先生勉強会  2/18開催 今年こそ「伝わる」英語を身につける『セレブたちの卒業式スピーチ 次世代に贈る言葉』

(桜蔭会館のみなさんも今回もワークショップで会場お貸しいただきありがとうございました!)

  レポート作成者 : 徽音塾1期生OG 田邉

次回の勉強会は、4月開催予定です

  参考 このイベントの開催情報